【玉藻公園(高松城跡)】ことでん築港駅隣接でアクセスよしの城跡公園です!

うどん先生
ことでん高松築港駅に隣接している玉藻公園が昔の高松城跡だって知っていますか?
ユタカくん
あ、先生、それは何となく聞いた事がありますよ。確か四国最大の天守閣がそこにあったんですよね!

JR高松駅から歩いて約3分、ことでん築港駅に隣接した玉藻公園は高松城の本丸、二の丸、北の丸、桜馬場部分に相当する城跡公園です。現在、四国最大と言われた天守閣は失われてしまったものの、かつて藩主が住まい政務をおこなったという飛雲閣(再建)は昔と同じ場所にあり、一見の価値がありますよ。

 

高松城のお堀の水は海水なので、普通に黒鯛が泳いでいて餌やりも体験できるんですよ。

こちらは飛雲閣。春先はツツジの花がキレイです。

 

さすが昔は藩主の邸宅だった場所ということで、立派なお庭に立派な松の木です。

 

この日は偶然イベントだったようで、なんと甲冑姿のお侍さんにも遭遇しました!

 

さて、こちらは高松城の歴代お殿さま一覧ということです。

1587年生駒さんというお殿様がいらっしゃったのですが、4代目高俊さんの時に生駒騒動という事件があって生駒さんは秋田に転封になりました。そのあと水戸からあの有名な水戸黄門(水戸光圀)さんのお兄さんにあたる松平頼重公が新しいお殿様としてやってこられました。そしてその後、江戸時代の間は松平のお殿様が高松を統治されたということです。

 

こちらは陳列館には高松城の天守閣にあったシャチホコ(レプリカ)も展示されています。

 

ほかにもこの陳列館には貴重な資料が沢山あり、とても勉強になりました。写真の奥の方に写っているのが今は失われてしまった高松城の天守閣の模型です。今は台座の石垣しか残っておらず、その大きさを想像するのは簡単ではありませんが、初層が13間×12間(姫路城の初層が14間×11間)、鯱と石垣を除いた高さが26.5メートル(広島城が26.6メートル)と、名だたる日本の名城と比べてもけして引けを取らない立派な天守だった事がうかがい知れます。

 

四季折々でいろんなイベントも行われるという玉藻公園。春の桜の時期はお花見の名所としても有名なんですよ。

きゅうさん
ことでん築港駅隣接でアクセスも良いので、高松駅の電車待ち、高松港のフェリー待ちのちょっと時間が空いた時に訪れてみても楽しめますよ。
史跡高松城跡 玉藻公園
■高松市玉藻町2番1号
■TEL 087-851-1521
■西門開門時間(日の出~日没)
 東門開門時間(4〜9月 7:00~18:00/10〜3月 8:30~17:00)
■休園日 12月29日~12月31日
史跡高松城跡 玉藻公園
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です